« もちつもたれつ 6 | トップページ | もちつもたれつ 8 »

2012年6月 5日 (火)

もちつもたれつ 7

 『向こう三軒両隣』という言葉がある。

 地理的な言葉ではないことは、誰でもわかるだろうが。

 こういう風景を体験している人が多くない事も事実だろう。

 だから、真にこの言葉を理解できる人も少ないかもしれない。

 自分の家を中心に、通りを挟んで3軒と両隣を意味するが

 昔からの近所付き合いを積極的に行っていた近所を意味する

 ただ、それだけなら地理的な要素が強いが・・・・・

 実際は、むかしから、個々人を守る為のセーフティーネットの

 要素が強い。

 いわゆるコミュニティーとしての単位と同時に、他人との関り

 や、隣人同志のトラブルを未然に防ぐ先達の知恵だったの

 だろう。その知恵の集積が『向こう三軒両隣』という言葉になり

 それを伝えてきた。

 しかし、その言葉が死後となった今、逆に『孤独死』なる言葉

 が一人歩きし、現代の問題のひとつにのし上った。

|

« もちつもたれつ 6 | トップページ | もちつもたれつ 8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もちつもたれつ 6 | トップページ | もちつもたれつ 8 »