« もちつもたれつ 4 | トップページ | もちつもたれつ 6 »

2012年4月17日 (火)

もちつもたれつ 5

『もちつもたれつ』という日本語には、何処かネガティブナイメージがないだ

ろうか?英語の『GIVE AND TAKE』と比べてなのだが・・・・・・

日本の生活文化には、もともと自己犠牲が優先し、自分を主張しないという

文化があった。それは企業文化の中にもあったはずで、それを代表する

経営者が松下幸之助翁であり、彼の経営の根幹には会社は人によって

生き、人は会社を生かすという理念から、従業員を大切にしていた。

現在はどうだろか? 企業は目先の利益に目をくれ、将来の企業像を

描ききれない。

|

« もちつもたれつ 4 | トップページ | もちつもたれつ 6 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もちつもたれつ 4 | トップページ | もちつもたれつ 6 »